番組コーナー

  1. トップ
  2. 番組コーナー
  3. さがQ7
  4. 2つの「らりるれろ」の謎

2つの「らりるれろ」の謎

佐賀県内にある2つの「らりるれろ」というお店。一体どんなお店なのか、店名の由来などを調査します。


鹿島市の「らりるれろ」

鹿島市にある「らりるれろ」はハンバーガー店です。

経営する岩永さんにどうしてお店の名前を「らりるれろ」にしたのか聞いてみました。岩永さんは長崎県佐世保市の出身で、子供の頃から佐世保市では有名な「らりるれろ」というハンバーガー屋さんがあったそうです。そのフランチャイズ1号店として岩永さんたちはお店をオープン。創業者がつけた「らりるれろ」という名前をそのまま継承しています。

約30年前に鹿島駅の駅前でお店を構えていましたが、2021年現在は、鹿島バイパス沿いに移転してテイクアウト専門のハンバーガー店となっています。

岩永さんに創業者はなぜ「らりるれろ」と名付けたのか尋ねましたが「インパクトが強かったからでは?」とのこと。創業者の関係者に名前の由来について聞いてみると…、響きがよかったから「らりるれろ」と名付けたということでした。現在、フランチャイズ店を経営していた会社はなくなっているそうです。

常連さんの間では「らりちゃん」という愛称で呼ばれているという「らりるれろ」。岩永さんは「どこにもない名前だから無くしたくない。ずっと続けていきたい。」と強い思いを語ってくれました。
手作り佐世保バーガー「らりるれろ」

住所:鹿島市中村
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜
電話番号:0954-63-2378

佐賀市の「らりるれろ」

佐賀市の「らりるれろ」は漫画喫茶です。

「らりるれろ」は1993年にオープン。店内には約2万冊の漫画本がそろえられ、喫茶メニューが楽しめます。

店名の由来をマスターに聞きました。若いころ東京の大学に通っていたというマスターの江越さん。当時、自由が丘でアルバイトをいしていて、アルバイト終わりによく行っていたお店が「LaRirurelo(らりるれろ)」。マスターは「将来お店を出すときには「らりるれろ」にしよう。聞いたら忘れられないから。」と思っていたそうです。

貴重なものを見せてもらいました。
十数年前、マスターがとある飲食店で出会ったのは東京から佐賀に出張で来ていた方。マスターが自分のお店の名前を伝えると、なんとその方も東京の「LaRirurelo」に行っていたことが判明!後日、お店に「LaRirurelo」のマッチを持ってこられたそうです。奇跡的な出会いですね♪

2021年、お店を始めて29年目を迎える「漫画ぎゃらりーらりるれろ」。昔ながらの雰囲気を味わえる漫画喫茶です。
今後について、ママさんは「できるだけ長く続けたい。力の続く限り。ちょっとでも憩いの場所になればいい。」と話し、マスターは「喫茶がメインで漫画本もある、そういうインパクトで続けてきたのでこれからも続けていきたい。」と話してくれました。
漫画ギャラリー「らりるれろ」

住所:佐賀市本庄町末次
営業時間:10:30~19:00
定休日:祝祭日
電話番号:0952-28-2737

ハンバーガー店と漫画喫茶の「らりるれろ」お互いの印象

  • 手作り佐世保ハンバーガー「らりるれろ」の岩永さん
    「初めて見たとき、すごい!同じ名前のお店があるんだと驚いた。機会があれば行ってみたい」
  • 漫画ギャラリー「らりるれろ」のマスターとママさん
    「姉妹店ですかと言われることがある(笑)以前から気になっているので機会があれば行ってみたい。」

こちらもおすすめ