1. トップ
  2. ピックアップ
  3. 日本語の使い方

ピックアップ

ピックアップ 2018/12/23 (日)

日本語の使い方

報道デスクのつぶやき

新聞やテレビ・ラジオの世界でデスクというと、原稿や写真・映像のチェックにとどまらず、ニュースが正しく視聴者や読者に伝わるかどうか判断したり、急な事件事故、出来事に対応するため、記者やカメラマンらに指示を出したりと現場の責任者みたいな感じ(このほかにもさまざまあるが割愛)。

原稿やレポートのチェックも数限りなくするから、日本語の使い方にはけっこううるさい方です(えっへん)。

記者には
「なんだこの原稿は!」
「自分の理解していない言葉をわざわざ使うんじゃねぇ」
などと、ドラマや小説に出てくるデスクを地でいったりしている。

家でも子供が「これ食べれない」と言うと、すかさずしたり顔で「食べられるだよ」と注意したり(相手は当時5歳)、訂正したりする。
おかげで、うちの子はら抜きことばをあまり使わない。

ちなみにうちの妻は元雑誌の編集マンで、以前勤めていた出版社の先輩。
いまでも口癖は「あんたは文章が下手よね、伝わらない」。

こちらもおすすめ