1. トップ
  2. ピックアップ
  3. 僕にもWBCの話させてください【筋肉王企画 Vol.104】

ピックアップ

ピックアップ 2020/11/09 (月)

僕にもWBCの話させてください【筋肉王企画 Vol.104】

皆さんこんばんは、
サガテレビ3階西側最強のバルク福田です。

 

普通に山口のブログが面白くて嫉妬しました。

 

ただ、僕にもWBCのとっておきの話があります。

 

山口が言っていた通り、あの日僕もWBCの練習補助に行きました。
当時の僕は「お笑い」には物凄い自信を持ってました
マジで口を開けば人を笑い死にさせるくらいの勢いでした。

 

その流れもあり、僕はWBCに出るスター選手たちの緊張を僕の“笑い”でほぐしてやろうと思って臨みました。

 

結果、目の前のスター選手のデカさと威圧感にビビりあがり負けました。
ただ、負けたのは日本人だけです。

 

僕は日本人ではなく、外国人を楽しませる手段もしっかり準備してました。
それがこのユニフォームでした

これは僕たちが練習試合をするときに着るセカンドユニフォームです。

当時大学3年生で、今後バリバリ練習試合に出る可能性もありましたが、「将来のヒットより目の前の笑い」と考えた僕は、マジックペンで「call me keita!」と書きました。

 

結果、WBCの役員みたいな人に「お前、舐めた服着んなよ」的なことを言われて終わりました。

 

当時は「大人ってつまんねーな、こっちがなめんなよ」とか思ってましたが、今なら分かります

僕が悪かったです。


ただすみません。
僕の笑いは身体を使った笑いではなく、口での笑いが基本です。

なので僕は持ち前の「口達者」でグラウンドを盛り上げようとしました。

その日は中国対オーストラリアでした。
「よっしゃ一発笑わしたるか」と思った僕は、外野でフリーバッティングの守備をしながら、

「さぁ!元気出して行こうぜ!」
「はいはい!もう一本!」
「俺の方が打てるわ!」などと、
日本語が通じないことを良いことに、しちゃかちゃ言っていました。

すると、またもやWBCの役員の人から「なんで中国とオーストラリアの練習なのに日本語が聞こえんだよ」的なことを言われ、またしても敗北しました。

これも今なら分かります。

「僕が悪い」と。

そんな攻勢的だった僕も大人になりました。
基本的に今は何を言われても反論しません。「はい、分かりました」が基本です。

これが良いのか悪いのか、答えは分かりませんが、きっと今の様子を東京ドームでギャーギャー言ってた当時の僕が見たら呆れるでしょう…

 

 

 

それではお聞きください。

サガテレビ営業部福田で「オトナになったよ」


サガテレビ営業部 福田
鳥栖市生まれ、東京都育ち。( ※東京には大学5年しか住んでいません )

好きなタイプ:花山瑞貴さん
尊敬する人:青年実業家の吉田皓一さん
自慢のカラダのパーツ:「綺麗に生え揃った真っ白な歯」
将来の夢:東京支社長になって新宿のタワーマンションに住むこと

こちらもおすすめ