1. トップ
  2. ピックアップ
  3. 私立高校入試!?【筋肉王企画 Vol.150】

ピックアップ

ピックアップ 2021/01/21 (木)

私立高校入試!?【筋肉王企画 Vol.150】

皆さんこんばんは、

サガテレビ三階西側最強のバルク福田です。

 

まじで最近会う人会う人に、太った?と聞かれます。まじで太りました。答えは簡単、十分に筋トレに行けてないのに飯の量は変わらないからです。

 

いや〜改善改善ですね…

 

そんな中、今日龍谷高校の前の道がだいぶ渋滞していました。なんでかな〜?と思っていたら、高校前に「入学試験」と書かれた看板が立っていました。

 

なるほど、今日は私立の高校入試の日か!

少し懐かしくなりました。

 

中3と言えばまじで10年以上前です。当時の記憶は要所要所でしかありませんが、私立高校入試のことは深く覚えています。

 

当時、基本的に県立と私立をふたつ受けるのが基本でした。同学年が200人くらいいたらほぼほぼ190人が佐賀の私立を受けていました。

 

しかし何を思ったか、僕は頑なに「俺は私立は筑陽を受ける!」と言い張り、福岡の私立を受けました。

 

なんでわざわざ福岡の私立を受けたのか、明確な理由は分かりませんが、きっと「他の人とは同じことをしたくない」と思っていたんでしょう。

 

第一志望だった天下の鳥栖高校にも受かったので、筑陽生にはなりませんでしたが、もし本当に福岡の私立に通うことになっていたら人生どうなっていたのか?

想像すると少しオモロかったです。

 

今もまだ「県立志望」の流れが佐賀県にはあるのかもしれません。

ただ、今後私立高校の無償化も始まり、どんどん選択肢は広がっていくはずです。

私立高校の授業料実質無償化

 

中学校の頃、友達が少なかった、いじめられた、嫌なことをされた、そんな思いをしている人がいるはずです。

僕も少なからず似たような経験はありました。

 

ただ、人生はいつだってやり直せます。

地元から出たいなら無理して地元の県立に行く必要は全くないし、思いっきって県外に出てもいいと思います。

 

この選択は早ければ早いほどいいと思います。

 

まあなかなか中学生の時点で県外に出るのは厳しいと思いますが、人生一度っきり!思い切ってやってやりましょう!!


サガテレビ営業部 福田
鳥栖市生まれ、東京都育ち。( ※東京には大学5年しか住んでいません )

好きなタイプ:花山瑞貴さん
尊敬する人:青年実業家の吉田皓一さん
自慢のカラダのパーツ:「綺麗に生え揃った真っ白な歯」
将来の夢:東京支社長になって新宿のタワーマンションに住むこと

こちらもおすすめ