番組コーナー

  1. トップ
  2. 番組コーナー
  3. 鷲尾の健康道場
  4. 知っておきたい!災害時の健康管理②

知っておきたい!災害時の健康管理②

災害が起きた時に何が必要か、何に気を付ければいいのか、特にご高齢の方に気をつけていただきたいことを学びます。

教えて頂いたのは日本赤十字社 佐賀県支部の皆さまです。

気を付けたいこと…「生活不活発病」

生活不活発病とは…動かないでいることで心身の機能が低下し、活発に動けなくなる状態。

原因

  • 自宅での家事をしなくなる(できなくなった)
  • 危険だから動かないようにと言われて…
  • 被災後の心身の疲労

予防のポイント

  • 昼間はなるべく早めに横にならずに動く
  • ボランティアさんの必要以上の手助けは避ける
  • 何らかの役割を探す

気を付けたいこと…「脱水症状」

原因

  • 高齢の方は、脱水症状になりやすい
  • 高温多湿の時期は汗をたくさんかきやすい
  • 体内のバランスが崩れる

予防のポイント

  • 食事以外で最低1日1.5Lは水を飲む

気を付けたいこと…「感染症」

原因

  • 集団生活のため感染症が蔓延しやすい
  • 疲労により抵抗力が落ちている

予防のポイント

  • 手洗い・うがいをしっかり行う
  • マスクを着用
  • 定期的に室内の換気を行う

足と腰がいたくならない体操

避難所生活が続いていると、あまり運動をせず血行が悪くなってしまう場合もあると言われています。血流をよくする運動を教わります。
教えて頂いたのは、にしやま整骨院の 西山 哲央先生です。

膝の部分を90度以上あげ、20回数えながらもも上げ体操をする。

足をあげ、自転車を漕ぐようにぐるぐる回す。(20回)

仰向けになって寝た状態で行うほうが、効果的なのだそうです。逆方向もやってみましょう。

日頃から、ラジオ体操のような軽い運動をすることも効果的です。

こちらもおすすめ