佐賀のニュース・天気

  1. トップ
  2. 佐賀のニュース・天気
  3. みじん切りの「手間」も「涙」も不要 高校生が開発! 冷凍タマネギ【佐賀県白石町】

みじん切りの「手間」も「涙」も不要 高校生が開発! 冷凍タマネギ【佐賀県白石町】

サムネイル
さがリサーチαは全国2位の出荷量を誇る佐賀県産のタマネギです。去年は新型コロナの影響を受け出荷できず廃棄されたものも。これを受け、生産者を救おうと地元の高校生が考えたアイデアが注目されています。

購入者:「チラシで見たときに面白そうだと思って。きょうはこれ目的」【購入者】「みじん切りなので料理がしやすい。かなり時短になるのでうれしい」6月、販売が始まった冷凍タマネギ「冷凍しろたま」。
佐賀農業高校3年(オニオンズリーダー)島ノ江葉月さん:「白石のおいしいタマネギをみじん切りにして、冷凍した商品です」

 全国2位の出荷量を誇る佐賀県産のタマネギ。そのほとんどが白石町で生産されています。しかし去年は…
タマネギ農家・片渕康弘さん:「せっかくここまで良いタマネギができているのに…」
去年、飲食店の休業や学校給食の停止など新型コロナの影響でタマネギの需要が落ち込み、昨シーズンのJAさが白石地区の出荷量は前の年に比べて、3割減りました。それに伴う廃棄量は3000トン前後といわれています。そこで立ち上がったのが佐賀農業高校・農業科学科の6人、その名も「オニオンズ」です。
佐賀農業高校3年(オニオンズリーダー)島ノ江葉月さん:「(去年)タマネギが捨てられていたのを見て、畑でタマネギを打ち込んでいたりとか見たので、それがなくなればいいなという気持ちが一番大きかった」

佐賀農業高校3年(オニオンズ)冨山紗代さん:「冷凍だと火が通りやすいのですぐに料理を作ることができる」オニオンズが考えた冷凍タマネギは、去年、高校生が佐賀の魅力を生かすアイデアを競うコンテストで、準グランプリ(優秀企画賞)を受賞しました。
佐賀農業高校3年(オニオンズ)冨山紗代さん:「(普通は)切るときに目にしみるけど、冷凍しろたまだったら、目に痛い思いをさせずに料理することができる」

この日、オニオンズがやってきたのは、佐賀県内の冷凍料理メーカーです。
オニオンズ:「こちらが試作品です」
白石産のタマネギをみじん切りし、冷凍食品として販売する高校生のアイデア。プロの目にはどう映ったのでしょうか。
佐賀冷凍食品・古賀正弘社長:「(パッケージは)もう少しインパクトがあるような、白石産、農業高校が開発した。その二つをしっかり書くことが、お客さんとしては(わかりやすい)」
価格は、将来、生産者が販売しても利益が出るように設定すること、また、地元白石だけでなく、佐賀市や福岡でも販売してはどうかといった、アドバイスをもらいました。
佐賀冷凍食品・古賀正弘社長:「商品的には非常に完成度は高い」「これは大ヒットになるんじゃないでしょうか」


「冷凍しろたま」は、地元・白石町の工場で作られています。機械で7.5ミリにみじん切りされたタマネギは急速冷凍されます。
従業員:「時間をしっかり守らないと冷えたり、固まったりする時間がずれてしまう」白石産のタマネギの早生(わせ)品種は保存が効きません。しかし急速冷凍することで13カ月保存が可能となります。
マルハ園芸・原広宣社長:「消費者心理を上手く掴んでいるんじゃないかな」
プロからも太鼓判を押してもらいました。

そんな「冷凍しろたま」は6月26日、県内外のスーパーモリナガ全11店舗で一斉に販売が始まりました。
佐賀農業高校3年(オニオンズリーダー)島ノ江葉月さん:「(PR用の手持ち看板を)きのうめちゃくちゃ急いで作った」
冷凍しろたまは、店内の一番目立つところに、陳列されました。
佐賀農業高校3年(オニオンズリーダー)島ノ江葉月さん:「感動した。こんなにたくさん並べてもらえるとは思わなかったので」「一人でも多くのお客さんに白石のタマネギを届けられるように頑張る」

3玉分ほどのタマネギを使った「冷凍しろたま」は1パック500グラムで税込み398円。

緊張してなかなか声がかけられない島ノ江さんに助け舟も。
スーパーモリナガ南佐賀店・古川敦士店長:「佐賀農業高校生チーム・オニオンズが開発した「冷凍しろたま」を販売しております」
みじん切りが大変、目にしみるのが嫌、腐らせてしまっていたなど、消費者が抱えていた悩みを解決してくれる優れものに、客の反応も上々です。
購入者」「これだけ切って手間がかかっているわりには(価格も)いいかな」「きょう使ってよかったらまた買おうかな」
購入者:「高校生が自ら商品開発したと聞いたので、応援のためにも買った」
取材した南佐賀店では販売初日で冷凍食品としては異例の47パックが売れました。

佐賀農業高校3年(オニオンズリーダー)島ノ江葉月さん:「もっと多くの人に手に取ってもらって多くの人に白石のタマネギのおいしさを知ってもらえたらうれしい」生産者支援、食品ロスの削減、調理時間の短縮にもつながる「冷凍しろたま」。白石町から、高校生たちのタマネギ革命が始まりました。

最新ニュース



こちらもおすすめ


全国ニュース