佐賀のニュース・天気

  1. トップ
  2. 佐賀のニュース・天気
  3. 「何でも話せる環境が大切」西鉄高速バス乗っ取り事件 被害者の女性が講演会【佐賀県佐賀市】

「何でも話せる環境が大切」西鉄高速バス乗っ取り事件 被害者の女性が講演会【佐賀県佐賀市】

サムネイル
高速バスを少年が乗っ取り1人が死亡、4人が重軽傷を負った西鉄高速バス乗っ取り事件。発生から20年が経過しました。

27日、佐賀市で被害者の女性が今までの心境について講演し、犯罪被害者への理解を呼び掛けました。

山口由美子さん:「人は1人では生きていけない、いろいろな人とのつながりの中で生きていると思います」

県のくらし安全安心課が主催したウェブ講演会は、犯罪被害者への理解を深めてもらおうと開かれ、佐賀大学の経済法学科の1年生、約70人が参加しました。講演会には、西鉄高速バス乗っ取り事件で、犯人の少年に刃物で切り付けられ重傷を負った山口由美子さんが講師として登壇。当時、まだ生まれていなかった学生たちに犯罪被害者との向き合い方について「何でも話せる環境が大切」として、人と人と信頼関係を構築してほしいと訴えました。

講演会に参加した学生:「いじめとかは身近にあったので、そういう時に自分がどう動くか、ただの傍観者じゃなくて、被害者でも加害者でもなかったとしても、それぞれの気持ちに寄り添わなければならないと思いました」

山口由美子さん:「その子を見て、その子からいかに聞くか。思春期以上の子供たちというのは対等に接していけるようにした方がいいのかなと思います」

この事件は、2000年5月、佐賀から福岡に向かう西鉄の高速バスを当時17歳の佐賀市の少年が乗っ取ったもので、当時68歳の女性が死亡、山口さんを含む4人が重軽傷を負いました。

最新ニュース

こちらもおすすめ

全国ニュース