INTERVIEW

報道部

ARAKAWA MAI

地域のため何ができるか?
色々な視点で佐賀のことを考える仕事。

報道デスクとして毎日が勉強

報道部では番組で放送するニュースを取材して編集し、放送しています。その中で、番組全体の項目を考えたり、記者から送られてくる原稿をチェックしたりします。私自身は、報道デスクになって日が浅く、毎日先輩方に指導していただきながらやっています。

佐賀の出来事は全て届けたいという使命感

佐賀県は民放テレビ局が1局しかない全国的にも珍しい地域です。だからここで働いている人は「佐賀の話題はサガテレビで伝えない限り視聴者に届けられないかもしれない」という気持ちを持って日々の取材にあたっています。
また、記者が「この取材がしてみたい!」と思ったものを放送できる企画取材もあり、取材をした方や、見ていただいた方から感想などいただけたときは嬉しいです。

経験を積むことで見えてくる新しい視点

サガテレビは、報道部や営業部など様々な業務を経験する総合職です。経験を積むことで、いろいろな視点で、地域のため何ができるかを考えることができるのではないかと思います。
現在、報道部は若手のスタッフが多いのですが、みんな親切でまじめな印象ですね。
普段は社内にいることが多い業務ですが、カメラマンや美術、アナウンサーや技術など、様々なスタッフと関わります。みなさん仲良くフレンドリーです。

TIME SCHEDULE

8:30

始業

朝刊を見てから当日の取材やスケジュールなども併せて確認します。

10:00

お昼のニュースに向けた準備

記者から送られてきた原稿に地名や人名・数字に誤りがないか、言葉遣いが間違っていないかなどをチェックします。
視聴者にとってわかりやすいかなども重要です。

11:45

お昼のニュース 本番

映像を管理する送出担当、アナウンサーと3人でニュースを放送します。

13:30

昼食

14:30

午後のニュース 原稿チェックなど

この時間、並行して自分のニュース企画(4分間くらい)の準備をすることも。

17:00~19:00

ニュース放送本番

夕方のニュースは、より多くの人が関わり放送にあたり、緊張感も増します。
ぎりぎりの時間まで、情報の更新など作業していることが多いです。

ページの先頭へ
サガテレビ グループ RECRUITMENT