INTERVIEW

報道編成制作局 報道部 兼 アナウンス室員

HANADA YURINA

2010年 新卒採用

所属:株式会社 サガテレビ

視聴者の笑顔につながる 番組づくりを目指して。

視聴者目線を常に意識

私はアナウンサーとして情報番組のMCを担当しているほか、ディレクターとして番組制作に携わることもあります。どちらの立場でも意識しているのは「視聴者目線できちんと情報を届けられているか」ということ。視聴者のみなさんは、どんな情報を知りたいだろう?番組を見てどう思うだろう?と常に考えています。私たちが届けた情報が、番組を見たみなさんの笑顔につながれば嬉しいですね。

番組でイメージをより良く

以前番組で県内の企業を紹介した際、重機を使って卵をつかむなどの繊細な作業をやっていただいたことがあります。私自身もすごいと思いましたが、この番組を見た学生さんが「重機のイメージが変わりました。自分も番組に出演された方のように誇りをもって、かっこよく重機を扱う人になりたい」というメッセージをくれたんです。この仕事をやってよかったと心から思える瞬間でした。

何より自分らしさを大切に

試験を受けるみなさんの中には「アナウンサーになるためには専門のスクールに通って特別な訓練が必要」と思っている方も多いと思います。でも私は学生の頃アナウンススクールに通った経験もありませんし、入社後にフジテレビの研修で基礎を学びました。だからアナウンサーを目指す方は面接のマニュアルなどにしばられず、自分らしさを大切にして、笑顔でチャレンジしてほしいなと思います!

TIME SCHEDULE

10:00

出社

10:30

打合せ

中継する現場に行って打ち合わせ。

11:00

出演していただく方に番組企画を説明し、本番で披露してもらう内容を確認します。

12:00

お昼休み

会社の近くには、おいしいお弁当屋さんがありますよ!

13:00

番組準備

番組オンエアのための準備。資料を集めたり、中継の内容を確認します。

14:00

リハーサル

番組の打ち合わせ後、リハーサルして本番に向かいます。

16:20

OAスタート

「かちかちpress」オンエア!番組の進行や時間配分を意識しながら、視聴者に共感していただけるコメントを心がけています。

19:00

放送後の反省会

より良い番組を目指して毎日行います。

20:00

業務終了

休日は友達とランチに行ってリフレッシュ。番組MCを担当してから「リアクションが大きくなった」と言われることもあります(笑)

ページの先頭へ
サガテレビ グループ RECRUITMENT