INTERVIEW

報道編成制作局 報道部兼アナウンス室員

分かりやすく正確に視聴者の心に響く番組づくりを!

何でも任され挑戦できる環境! 

報道部で、記者兼アナウンサー業務を担当しています。記者業務は、取材先へのアポイント~構成を考え原稿の作成、場合によっては自らカメラを回し、簡単に映像の編集なども行います。アナウンサーとしての仕事は、ナレーション読みなどに加え、台風など災害が起きた時現場に行き、その場で自ら構成を考えリポートします。急遽、全国の生中継に出演することも。自分が任されたニュースは、最初から最後まで、記者やアナウンサーが責任を持って作ります。

正確な情報を視聴者に分かりやすく! 

ニュースは、正確さと速報性が求められますが、それと同時に分かりやすさも大切です。どんなに早く情報を出しても、視聴者の皆さんに真意が伝わらなければ意味がありません。そのため、子供たちにも分かるような言葉使いや表現を心掛けています。
また災害時の中継は、人の命をも左右する大事なものです。その現場での、過去「何が起きたか」現在「どういう状況か」未来「今後予測される災害」を短時間で分かりやすく的確に伝えることで、視聴者が危機意識を持ち、結果、身の完全につながる報道を心掛けています。

何より自分らしさを大切に

試験を受けるみなさんの中には「アナウンサーになるためには専門のスクールに通って特別な訓練が必要」と思っている方も多いと思います。でも私は学生の頃アナウンススクールに通った経験もありませんし、入社後にフジテレビの研修で基礎を学びました。だからアナウンサーを目指す方は面接のマニュアルなどにしばられず、自分らしさを大切にして、笑顔でチャレンジしてほしいなと思います!

TIME SCHEDULE

9:30

社発(取材先へ)

10:00

取材スタート

11:00

帰社(昼ニュース用の原稿作成・文字スーパー作成)

11:15

デスクに原稿提出→デスクが原稿チェック

11:48

昼ニュース放送

12:00

昼食

14:00

2本目の取材へ

15:30

帰社(夕方ニュース用の原稿作成・インタビュー抜粋)

16:00

デスクに原稿提出→デスクが原稿チェック

17:00

長尺の企画取材のリサーチ・原稿作成など

18:09

夕方ニュース放送

19:00

帰宅

ページの先頭へ
サガテレビ グループ RECRUITMENT