1. トップ
  2. ニュース
  3. 食品は8%のまま?消費税増税に伴う制度とは

ニュース

ニュース 2019/09/06 (金)

食品は8%のまま?消費税増税に伴う制度とは

2019年10月からの消費税増税に伴い、様々な制度が実施されます。一体どんな制度なのか、詳しくご紹介します。

軽減税率制度

  • 「飲食料品」「新聞」が対象
  • 消費税を8%に据え置き
飲食料品の定義
  • 食品表示法に規定する食品(酒類は除く)
  • 外食・ケータリングなどは対象外
    ファストフードの場合、消費税は店内飲食が10%テイクアウトが8%と税率が変わります。

ポイント還元制度

対象店舗でクレジットカード・デビットカード・電子マネー・スマホ決済など「キャッシュレス」で代金を支払うとポイントを還元。
期間:2019年10月~2020年6月

  • 中小企業の小売店・飲食店・宿泊施設など…5%還元
  • コンビニ・外食・ガソリンスタンドなど大手フランチャイズチェーン店…2%還元

増税後に住宅を購入したら…

2019年10月以降に住宅を購入した場合の消費税は下記の通りになります。

例:土地が2000万、建物が2000万の住宅を購入する場合

  • 土地…消費税は0
  • 建物…2000万円×10%=200万円

「かちかちpress」内コーナー「Newsウォッチ」8月14日放送分


こちらもおすすめ