佐賀のニュース

  1. トップ
  2. 佐賀のニュース
  3. 小麦粉の価格高騰 代わりに米粉使用した丸ぼうろ作りにチャレンジ【佐賀県】

小麦粉の価格高騰 代わりに米粉使用した丸ぼうろ作りにチャレンジ【佐賀県】

2022/06/23 (木) 18:30

サムネイル

国際情勢などの影響で小麦粉の価格高騰が続き、身近なものも値上がりしています。
その一方で注目されているのが「米粉」。県内では米粉を使ったあのお菓子作りが始まりました。

ロシアのウクライナ侵攻や円安などの影響で輸入・国産いずれも小麦の価格高騰が続いています。
政府が輸入した小麦を製粉会社に売る際の価格、いわゆる小麦の「政府売渡価格」は2022年4月期に、2021年の10月期と比べ、17.3%値上がりしました。
それに伴いカップ麺など生活に身近なものの値段も上がっています。
そんな中、注目されているのが米粉。
パン作りに適したふくらみやすいものなど、用途に合った米粉を選べるようになっています。
しかし小麦粉の代用として普及させるにはまだ課題があるといいます。
県産米の販売のほか、2015年から米粉の製粉・販売をしている「JA食糧さが」は

【JA食糧さが営業課 草場裕文課長】
「原材料や製造方法の違いから、小麦粉よりも価格が高いというところがあげられます。今のままですと、小麦のそのままの代わりっていうのには、ちょっとまだならないのかなと」

課題もありますが、米粉ならではの強みもあります。

【JA食糧さが 草場裕文課長】
「まず、米粉には「グルテン」が含まれておりませんので、小麦アレルギーの方でも安心して食べていただくことができます。また、小麦粉に比べて油の吸収率が低いので、揚げ物の衣等に使用していただくとカロリーをおさえることができまして、サクサクとした食感が長く持続するという特徴があります」

「グルテンフリー」という健康志向の高まりや、小麦価格の高騰もあり、JA食糧さがでも米粉の売り上げ数量は徐々に増えているといいます。

【JA食糧さが 草場裕文課長】
「京都府の菓子店から佐賀県産の米粉を使った商品を開発したいとのお問い合わせなどいただいておりまして、これらを今後の取り引きにつなげて、少しずつでも米粉の売り上げ増やしていければというふうに考えてます」

一方、県内では米粉を使ったあの佐賀銘菓作りも始まっています。
佐賀市金立町の本村製菓。
1953年創業の菓子メーカーです。
丸ぼうろの製造に使う小麦粉は年間約138トン。
6月から米粉を使った丸ぼうろ作りにチャレンジしています。

【本村製菓 坂口誠常務】
「小麦粉が高騰してまして、今後の先行きもなかなか見通しが立たないと、どうやって今後やっていこうかっていうなかで小麦粉から米粉にシフトすると、どういうふうになるだろうっていうアイデアが出ましたんで。まずやってみようかと」

現在、米粉は輸入小麦粉の約2倍の価格が相場だということですが、価格が安定していて商品販売などの戦略が立てやすいといいます。
一方、米粉を使って丸ぼうろを作ることに心配な点もありました。

【本村製菓 坂口誠常務】
「丸ぼうろっていうのは、400年の歴史があるお菓子でありますので、その大切に受け継がれたレシピを、その主原料をいじるっていうところに本当にいいのかなと」

しかし米粉を使うから期待できることも

【本村製菓 坂口誠常務】
「最近言われている子供たちの小麦アレルギーっていうのがありますので、アレルギーの子供たちも丸ぼうろが食べれるような、そういう商品ができたらいいなっていうふうに思います」

この日は、初めての試作。米粉7割、小麦粉3割で配合し、一部の工程は手作業でおこないました。

【本村製菓製造部 本田義幸部長】
「小麦粉と触り心地は全然違うなってかんじですね。米粉はきめ細かくて粘りも違う、<粘度っていうんですけどそこも全然違うので>」

通常の丸ぼうろは、そのときの気温や湿度によって焼く温度を調整していますが、今回は原材料が違うため温度の調整も手探りだといいます。

【本村製菓製造部 本田義幸部長】
「やっぱり焼き具合がどうしても初めてなので温度調整、焼くスピードとかが全くの未知の世界で…」

「温度調整が未知の世界」と言う通り焼き上がりの色が黒くなってしまったものの最初の試作品が完成。
そして試食を迎えました。

【本村製菓 坂口誠常務】
「味は良いなと思ってます。あと食感も米粉の独特のモチモチ感っていうのが出てるのでそこは良いかなと思います」

社内での評価はまずまず。商品化に向け改善点も出し合いました。
(これだと…足らん気がする…中まで…「スカスカになるてこと?火が通らん?」うん…生っぽくない?)

本村製菓は6月中に丸ぼうろのレシピを決め、年内には商品化し全国で発売したいとしています。

【本村製菓 坂口誠常務】
「関西圏とか首都圏ではなかなか認知度がないんですよ。実は。そういう人たちにも知ってもらえるきっかけが、この米粉の丸ぼうろを開発することで入口になるんじゃないかなというふうには思ってます」

小麦価格の高騰が続くなか、積極的に米粉を使う動きが県内でも始まっています。
価格などまだ課題もある一方、これまでと違うターゲットに向けた新商品が生まれるきっかけにもなっています。

キーワードから探す
佐賀のニュース
特集ニュース

災害の記憶

豪雨、地震、大雪…近年激甚化する災害。過去の教訓を防災に生かしていこうと、県民のみなさんの災害の記憶をシリーズで掲載します。

はがくれ時評

佐賀や世界の出来事を、サガテレビ解説主幹 宮原拓也が独自の視点で切るコラム&インタビュー。

さがリサーチα

佐賀のニュースをサガテレビの記者が掘り下げるコーナー。もっと知りたくなる佐賀を紹介。

ピックアップ

サガテレビ選りすぐりの企画ニュース、独自取材のニュースを掲載。

週間NEWSランキング

こちらもおすすめ

全国のニュース FNNプライムオンライン