Newsウォッチ

  1. トップ
  2. 番組コーナー
  3. Newsウォッチ
  4. 昨年の事故件数(暫定値)

昨年の事故件数(暫定値)

担当記者:弓 忠雄
2018/01/17
放送分

きょうは「佐賀県の去年の交通事故件数」です。

皆さんもよく聞かれたと思いますが、佐賀県は人口10万人あたりの人身交通事故の件数がおととしの2016年まで5年連続で全国ワーストでした。

中島つぐまさ

さんざん言われてきましたよね。去年はどうだったんですか?

その去年の人身交通事故件数ですが、佐賀県警はすでに暫定の数字を出していまして、去年はおととしより1000人ほど減少して6765件という数字になっています。

ただ、これはあくまで暫定の数字で、事故当事者の病院での診断結果等によってまだ数字に変動が出てくるということで、確定値としての件数が分かるのは2月になる見込みです。

暫定値ではありますが、前年から13%ほど減っていて、改善傾向にはあるのかなと思います。

花田アナ

ということは、もしかしたら全国ワーストじゃなくなったんですか?

実は去年は静岡県と佐賀県が僅差でワースト争いをしていまして、静岡県と佐賀県の数字がどうなるかが焦点になっています。

その静岡県は、静岡県警が出している暫定値で3万0266件です。
これで両県の人口10万人あたりの数字で見ると、佐賀県が817件、静岡県が821件と静岡県の方が若干多い数字となっていて、この暫定値のまま行けば佐賀県はワースト脱却!ということになるんです。

鶴丸アナ

ワースト2位ならいいというわけではないが、まずはワースト脱却が最初の目標。ただし、まだ暫定値で10万人あたりでたった4件くらいの差ということですよね。

そうですね。暫定値から確定値への変動次第でまだ予断を許さないという状況です。
では、そもそもなぜ佐賀県の事故が多いかというと…。

車の保有率が比較的高いとか高齢ドライバーが比較的多いという基本的な部分もあると思われますが、平地で直線道路が多いため追突事故が多いからではないかとも言われています。

中島つぐまさ

都会のように複雑な道路が多くない分、油断してしまう人が多いのかも。

また、人身交通事故の“件数”ではなく“負傷者数”の暫定値でみると…

10万人当たりで佐賀県は静岡県より多く、負傷者数はこのままいくと7年連続ワーストということになるんです。
また、交通事故による死亡者数は、去年36人でした。

前年より1人増えていますが、10万人あたりでみると全国で31番目に多くなっています。
暫定値の段階ではありますが、こうした状況を県警に聞いてみると…

ワーストが続くかどうかはともかく、まだまだ全国ワースト争いをしているということは間違いないので危機意識を持つことが必要と思います。

こちらもおすすめ

こちらもおすすめ